これだけで大丈夫!WordPressのオススメプラグイン6つ

ブロガー
WordPressブログを作ったけどプラグインってなに?オススメも知りたい!

こんな疑問を解決します。

 

WordPressでテーマを導入しブログを書く前に導入すべきプラグインをご紹介します。

 

またこれからブログを立ち上げる方はこちらをどうぞ。

関連記事

初心者ブロガーWordPressでブログを始めたいけど、始め方がわからない こんな疑問を解決します。 本記事は初心者向けにWordPressでのブログの開設手順を紹介しています[…]

 

 

スポンサーリンク

プラグインとは

本来は「差込口」という意味ですが、IT用語では、アプリケーションの機能を拡張するソフトウェアを指しています。

WordPressの標準機能だけでは補えない様々な機能が、プラグインをインストールすることで使いやすくなったりオシャレにカスタマイズすることができるようなります。

 

プラグインは上級者の方も皆さんインストールされているので、下記にてオススメのプラグインをご紹介していきます。

 

 

WordPressのオススメプラグイン

All In One SEO Pack

WordPress.org 日本語

2007年から6,500万回以上ダウンロードされた、元祖 WordPress SEO プラグイン。…

WordPressを使う上で必須と言われているプラグインがいくつかあり、その中でもAll in One SEO Packは非常に重要度が高いです。

  • SEO のメタ要素の設定
  • ソーシャルメディアの拡散効果を上げる OGP の設定(Open Graph protocolの略称)
  • クローラーの巡回を促す XML Sitemap の設定

など簡単に設定ができ、アクセスを上げるのに欠かすことのできないものとなっています。

 

AddQuicktag

WordPress.org

This plugin makes it easy to add Quicktags to the html - and…

よく使うパーツやスタイルのショートカットのようなもので、ライティングの時間短縮にかなり効果的です。

ある程度ライティングに慣れてこないとタグの設定に時間がかかります。

 

Classic Editor

WordPress.org 日本語

以前の「クラシック」エディターを有効化し、TinyMCE、メタボックスなどを含む旧スタイルの投稿編集画面を使えるようにし…

WordPressでは2018年12月のバージョン5へのアップデートに伴い、「Gutenberg」というエディターが初期段階では設定されています。

ですが、使いづらいという声も多く、従来のエディターであるClassic Editorを使う方も非常に多いです。

エディターは好き嫌いが分れるので、実際に使ってみてどちらのエディターが良いか試してみるのも良いかもしれません。

 

WP User Avatar

WordPress.org 日本語

Use any image from your WordPress Media Library as a custom …

WordPressのプロフィール写真はGravatarというサービスを使って設定できますが、アカウント作成やパスワード設定などの事前準備が必要なため、設定が若干面倒です。

このWP User Avatarというプラグインを使えば、プロフィール写真を簡単に設定できるのでかなりオススメです。

 

Akismet Anti-Spam

WordPress.org 日本語

The best anti-spam protection to block spam comments and spa…

ブログを運営してある程度のページビューに達すると、必ずと言って良いほどスパムコメントが増えてきます。

1日に20~30と頻繁に来ることも珍しくありません。

そんな時にこのプラグインをインストールしていると、スパムコメントを自動的に判定して振り分けてくれます。

 

Broken Link Checker

WordPress.org 日本語

投稿や固定ページなどすべてのコンテンツについて、SEO 改善のためにリンク切れや消えた画像をチェックします。問題のあるリ…

自分のブログ内にあるリンクが切れているかどうかをチェックするプラグインです。

リンクエラーをそのままにしてしまうと、読み手の温度感も下がりブログを読んでくれなくなったり、再訪問してくれない状況が出てきてしまいます。

リンクだけではなく、画像もチェックしてくれます。

 

 

プラグインのデメリット

機能拡張やSEO対策などでかなり便利なプラグインですが、たくさん入れておけば良いというものではありません。

たくさん入れてしまうとデメリットも出てきてしまう可能性もあります。

 

 

プラグインの入れすぎによるデメリット

サイト表示が遅くなる

セキュリティの脆弱性が上がる

SEOにマイナスになる可能性がある

 

WordPressのプラグインは約56,000個もあると言われています。

便利な機能が多いプラグインですが、デメリットになるプラグインもたくさんありますので、必要最低限だけインストールすることをオススメします。

 

 

それでは。

スポンサーリンク