【5分でわかる】Googleキーワードプランナーの効果的な使い方

ブロガー
Googleキーワードプランナーを使いたい。登録方法や効果的な使い方も知りたい!

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • Googleキーワードプランナーとは
  • キーワードプランナーの登録方法
  • キーワードプランナーの使い方
  • キーワードプランナーを活用したキーワードの見つけ方

 

ブログ運営をする上で、どんなキーワードが需要があるか気になりますよね。

Googleキーワードプランナーを活用すれば、SEO対策に重要なキーワード選定を簡単に調べることができます。

 

本記事では、Googleキーワードプランナーの登録方法や効果的な使い方を分かりやすく解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

Googleキーワードプランナーとは

Googleキーワードプランナーとは、Google広告(旧Googleアドワーズ)を出す際にキーワードの検索ボリュームを詳しく調査するためのツールです。

無料でキーワード調査やキーワード選定ができるので、サイト運営のSEO対策で使う方も非常に多いです。

 

例えば、

  • 狙ったキーワードの検索ボリューム
  • 関連キーワード
  • 競合サイトの強さ
  • 広告単価

などが分かります。

 

GoogleキーワードプランナーはGoogle広告に付随するサービスなので、通常はGoogle広告に出稿している広告主のための情報をGoogleが提供しているので、無料で使う場合は検索ボリュームの正確さは落ちてしまいますが、無料でも十分に強力なSEOツールとなっています。

 

 

キーワードプランナーの登録方法

ここからはキーワードランナーの登録方法について解説していきます。

 

導入のステップは以下の4つです。

手順①:Google広告の設定
手順②:キャンペーンの一時停止
手順③:エキスパートモードに切替

 

1つずつ解説していきます。

 

手順①:Google広告の設定

まずは、Googleキーワードプランナーを使うためにGoogle広告を登録していきます。

 

検索エンジンで「Googleキーワードプランナー」と検索し、「キーワードプランナーに移動」をクリックします。

 

その後、広告の目標を設定します。

 

主にブログで使われる方は「ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす」を選択し、「次へ」をクリックします。

 

ビジネスの説明ではあなたのサイトの情報を入力してください。

 

ビジネスの名前に「あなたのサイト名」、ウェブサイトに「あなたのサイトのURL」を入力して「次へ」をクリックします。

 

次に広告を配信するエリアを決めます。

 

最初から「日本」が選ばれているため、ここで操作することはありません。

「次へ」をクリックします。

 

次にキーワードのテーマを設定します。

 

広告を使う場合は、細かくテーマを決める必要がありますが、無料でキーワードプランナーのみを使う場合は大まかなテーマのみで大丈夫です。

 

思いつかない場合はあなたのサイト名を設定し「次へ」をクリックします。

 

次に広告を作成します。

 

広告を出さなくても全ての項目を入力する必要があります。

「広告見出し1」「広告見出し2」「広告見出し3」「説明文1」「説明文2」を入力し「次へ」をクリックします。

 

 

次に広告の予算を設定します。

 

広告を出さなくても予算の設定が必要ですが、後で無料の設定に変更するためデフォルトのまま「次へ」をクリックします。

気になる方は、「予算を自分で入力」をクリックし最低金額を設定してください。

 

次にキャンペーン設定の確認をします。

 

入力した内容に間違いがなければ「次へ」をクリックします。

 

最後にお支払い情報の入力です。

 

後で無料の設定にするので実際の支払いは発生しませんが、設定しないとキーワードプランナーを使うことができませんので、支払い情報や住所などしっかり入力していきましょう。

 

 

クレジットカード番号の入力が必要なので、入力後「送信」をクリックします。

 

 

以上でGoogle広告の設定は完了です。

 

手順②:キャンペーンの一時停止

上記で、Google広告の設定が完了したら次にキャンペーンの一時停止を行います。

 

キャンペーンの一時停止をしないと上記で設定した予算の支払いが発生してしまいますので、忘れずに状態の変更をしてください。

 

 

キャンペーンの詳細ページで状態を「一時停止」に変更します。

 

支払いを無料にする設定は以上で終了です。

 

手順③:エキスパートモードに切替

最後にキーワードプランナーを使うためにモードの切替を行います。

 

 

設定が終わったGoogle広告の画面の「設定」>「エキスパートモードに切り替える」をクリックします。

 

 

エキスパートモードに切り替えたら「ツールと設定」>「プランニング」>「キーワードプランナー」をクリックするとキーワードプランナーが使えるようになります。

 

以上で設定は全て完了です。

 

 

キーワードプランナーの使い方

ここからはGoogleキーワードプランナーの主な使い方を解説します。

 

①新しいキーワードを見つける

「新しいキーワードを見つける」では、対象のキーワードを入力してチェックすることで、そのキーワードに関連するキーワードを見つけることが可能です。

 

 

「新しいキーワード」>キーワードを入力し「結果を表示」をクリックします。

候補一覧が表示され、それぞれの検索ボリュームや競合の強さなどをチェックすることができます。

 

対象キーワードや関連キーワードの検索ボリュームは、無料プランではややムラがありますが、大体の数をチェックすることができます。

 

スモールキーワード:100〜1000以下
ミドルキーワード:1000〜1万以下
ビッグキーワード:1万〜10万以上

 

上記のようにさっくりとしてますが、キーワードをチェックする上で参考にしてください。

 

②検索のボリュームと予測のデータを確認する

「検索のボリュームと予測のデータを確認する」では、すでに選定済みのキーワード候補の検索ボリュームを複数まとめてチェックしたい場合に便利な機能となります。

 

 

「検索のボリュームと予測のデータを確認する」>キーワードを入力し「開始する」をクリックします。

対象のキーワードの月間クリック数や表示回数などの検索情報結果をチェックすることができます。

 

実際に広告を出稿した際の予算のシミュレーションや、過去1年の検索ボリュームの推移をチェックすることもできます。(メニューの「過去の指標」をクリック)

 

 

キーワードプランナーを活用したキーワードの見つけ方


Freepik – jp.freepik.com によって作成された computer 写真

 

最後にキーワードプランナーを活用したキーワードの見つけ方を2つご紹介します。

 

キーワード選定

あなたのサイトのテーマがある程度決っていれば、そのテーマを軸となる単語やフレーズに置き換えて、キーワードプランナーの「新しいキーワードを見つける」で対象のキーワードを入力してみましょう。

 

 

例えば「WordPress ブログ」と検索した時に、関連キーワードの中に「wordpress 使い方」が出てきていますが、検索ボリュームが対象のキーワードより多く、競合性も低いので「wordpress 使い方」というキーワードで記事を作成した方が、検索された時にトップを狙いやすいということになります。

 

また、検索ボリュームと競合性意外にも「入札単価」が高ければ競合も強い傾向にあるので、適宜キーワード選定の参考にしましょう。

 

関連キーワードをCSV保存

キーワードプランナーでは、検索して出てきた関連キーワードをチェックするだけではなく、CSVで一括エクスポートすることもできます。

 

 

画面右上の「キーワード候補をダウンロード」をクリックすると、キーワード候補をCSVでダウンロードできます。

 

ダウンロードしたCSVファイルは、Excelなどで確認できるのでキーワードの管理に利用しましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

SEO対策をする上でキーワードチェックは欠かせません。

 

また、キーワード選定ももちろん大事ですが、ユーザー目線になってユーザーが何を知りたいかを考え、サイト運営に活かしていきましょう。

 

 

それでは。

スポンサーリンク